COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC
COTTON × LINEN GATHER TUNIC

COTTON × LINEN GATHER TUNIC

通常価格
8,900yen
税込
販売価格
8,900yen
通常価格
SOLD OUT
単価
あたり 

Design
オーガニックコットン × リネン素材の、チュニック丈ブラウス。
通気性がよく、見た目も涼しげなローン素材を使用している為、これからの季節に大活躍のアイテムです。
たっぷりと入れたギャザーでフェミニンなシルエットながら、少し深めの胸元スリットで抜け感のあるデザインに。
フロントのリボンを結んで着る甘めスタイルや、結ばず後ろに抜いて着るクールなスタイリングも楽しんでいただけます。
お好みの丈感や雰囲気に合わせて、同素材のCOTTON × LINEN FLARE PULLOVER BLOUSE (953534)COTTON × LINEN GATHER DRESS (953541)もオススメです。


Fabric
インドの最大手繊維総合メーカー バルドマン社にて、一貫して生産管理されたオーガニックコットン×リネン素材を使用しています。自然土壌生分解します。
滑らかで光沢があり、強度も兼ね備えた超長綿のオーガニックコットンと、柔らかな肌触りのフレンチリネンを混紡した生地です。

 

モデル着用サイズ: FREE
モデルサイズ: 163cm (OFF WHITE, BLACK)

  • SIZE CHART
  • FABRIC / CARE
  • SUSTAINABILITY
  着丈 肩幅 胸囲 袖丈 袖口周り(ゴム/最大)
FREE 84 38 156.5 31 21/48

素材:綿80% 麻20%

重さ:0.2kg

透ける

やや透ける

透けない

あり

なし

厚い

普通

薄い

あり

なし

洗濯表示:

品番:953538

  • 杉の木アイコン

    CO2排出量5.9kg

    杉4本分の削減効果

  • 水のアイコン

    水使用量45.8

    ペットボトル100本分の削減効果

  • 温暖化

    良い

    温室効果ガスの発生をとてもおさえた生産をしています

  • 水不足

    努力目標

    使用する水を減らす努力が必要です

  • 資源枯渇

    良い

    資源を非常に有効活用した生産をしています

  • 水質汚染

    努力目標

    水を汚さない生産に向けた努力が必要です


SIZE CHART

  着丈 肩幅 胸囲 袖丈 袖口周り(ゴム/最大)
FREE 84 38 156.5 31 21/48

FABRIC / CARE

素材:綿80% 麻20%

重さ:0.2kg

透ける

やや透ける

透けない

あり

なし

厚い

普通

薄い

あり

なし

洗濯表示:

品番:953538


SUSTAINABILITY

  • 杉の木アイコン

    CO2排出量5.9kg

    杉4本分の削減効果

  • 水のアイコン

    水使用量45.8

    ペットボトル100本分の削減効果

  • 温暖化

    良い

    温室効果ガスの発生をとてもおさえた生産をしています

  • 水不足

    努力目標

    使用する水を減らす努力が必要です

  • 資源枯渇

    良い

    資源を非常に有効活用した生産をしています

  • 水質汚染

    努力目標

    水を汚さない生産に向けた努力が必要です