0: /blogs/journal/a-guide-to-circular-economy-01
1: blogs
2: journal
3: a-guide-to-circular-economy-01
4:
5:
6:
7: templete is article section is tag is A GUIDE TO CIRCULAR ECONOMYANTIQUEARTBEAUTYCOMMUNITYCOSMETICCRAFTCREATIVEDESIGNDIGITALECO-FRIENDLY PIONEERSEDUCATIONENTERTAINMENTFABRICFASHIONFOODGOODSHANDMADEINSIDE O0uLOCALMATERIALMATERIAL A to ZMY SUSTAINABLE LIFENATUREOLD THINGS NEW THINGSORGANICOUTDOORPLANTSRECYCLESHOPPINGTECHNOLOGYTRAVELTRENDUPCYCLEURBAN LIFE

FASHION

2021.06.11 FRI

A GUIDE TO CIRCULAR ECONOMY

#01

サステナブルなファッションとは?

「サステナブル」という言葉が注目されるようになり「サステナブルファッション」という言葉もよく聞くようになりました。しかし、そもそも「サステナビリティ」とはどういった意味なのか、そしてなぜファッションにサステナビリティが必要とされているのか、実はあまり知られていないのではないでしょうか。


そこで今回は、O0uを発足した株式会社アドアーリンクの親会社である、 株式会社アダストリアの経営企画室でCSR(企業の社会的責任)/サステナビリティを担当する藤本朱美に、その意味に始まり、サステナブルファッションが必要とされる背景や、ファッション業界における取り組みなどについて語ってもらいます。

 

「サステナビリティ」は今や世界のスタンダード


——サステナビリティという言葉を、最近よく耳にするようになりました。この言葉のファッションにおける本来の意味はなんでしょう?

サステナブルには「持続可能な」という意味があります。サステナビリティ(持続可能性)という概念は、1980年代から既に登場していましたが、さまざまな業界や一般的に     注目されるようになったのはここ数年のこと。

現在、ファッション業界でも、商品の生産や流通において、自然環境や社会に配慮する取り組みが重視されています。アダストリアでも、「サステナブルファッション」=持続可能なファッション」とは何か、視野を広げて考えながら、さまざまな活動を展開しているところなんです。

「サステナビリティを語る上で、ネガティブな話題は避けて通れません。ただ、それも踏まえて、未来に繋がる明るい話にできれば、と常々考えています」

「サステナビリティを語る上で、ネガティブな話題は避けて通れません。ただ、それも踏まえて、未来に繋がる明るい話にできれば、と常々考えています」と語る藤本朱美

 

求められる、ファッション業界の意識改革


——ではなぜいま、サステナビリティへの意識がファッション業界に必要とされているのか教えていただけますか?

洋服は、農作物であるコットンや、石油由来のポリエステル、羊由来のウールなど、あらゆる資源を原料にして作られていますよね。商品の生産は資源の消費とイコールであり、そもそも環境に負荷をかけることを前提に成り立っているんです。しかし、環境への配慮が欠けたままでは、いずれ資源が尽きて、商品の生産が難しくなってしまいます。また、気候変動がこのまま進むと、農作物であるコットンの調達がままならなかったり、そもそも私たちは事業を存続させることすら危うくなる可能性もあります。

このような状況を改善するため、2019年の主要7ヵ国首脳会議にて、ファッション業界における環境負担減を目的とする「ファッション・パクト(*1)」が発表されました。

ファッション・パクト以前にも、業界の環境配慮を促すグローバル指標は多数ありましたし、こうしたグローバル社会の後押しは国内のファッション産業のサステナビリティを追求するきっかけになっていると思います。また、グローバル化が進んだことで、消費者の方も社会課題を知るきっかけが増えたと感じています。社会課題が知られることは、その要因を是正させようという動きに発展しますので、こうしたことも背景にあるのではないかと思います。


——これまでファッション業界が抱えていた環境問題や社会問題には、どのようなものがあるのでしょうか。

大きくは3つの問題があげられるかと思います。

まず一つ目が、輸送によるCO₂の排出問題です。日本のアパレル産業の98%は、国外からの生産・輸入に頼っています。そのため、国内に輸入する際や、全国の各店舗に届ける際には、CO₂を排出することになります。また、流行がある業界なので、鮮度良く商品を輸入しようとすると生産国から飛行機で運ぶこともあります。飛行機は早く運ぶことができますが、船で運ぶよりもずっと環境負荷が高いので、そうしたことも影響してきます。



二つ目の問題は、農薬の使用による農地の衰えです。洋服に使われるコットンの多くは、枯れ葉剤や殺虫剤などの農薬を使って生産されています。しかし、農薬をたくさん使うと、農地がやせ衰えてしまい、土そのものが生産に適さなくなってしまうんです。また、農薬を使ってコットンを生産すると、生産者も農薬に直接触れることになり、ガンや皮膚病の発生率が高くなります。


  
そして三つ目の問題は、児童労働です。コットンは苗の高さが低く、収穫するには腰をかがめなければなりません。大人にとっては重労働ですが、子どもなら、それほど体に負担をかけずに収穫できます。そのため、貧しい国では、児童労働の温床になることも……。     

農薬によって土地がやせ衰え、生産率を上げるためさらに農薬を使い、膨らむ農薬コストの代償として子どもたちを働せる……。そのように、悪循環が続く農業は、持続可能とはいえません。



*1  「気候変動に対する取り組み」「生物多様性」「資源効率」という3つの指標で、企業がどのくらい努力できるかを加盟企業で話し合い、共通目標を立てて行動するという取り組み

 

ファッションブランドにできることってなに?

 

——ファッション業界で行われているサステナブルな取り組みについて、具体的に教えてください。

サステナビリティは日本国内よりも海外の方が進んでいます。ファッション業界も例外ではなく、グローバルな舞台では共通目標を持つイニシアチブや共通のツールを使って環境負荷を可視化する取り組みが始まっています。     
「ヒグ・インデックス」は、アパレルの世界的な業界団体であるサステナブル・アパレル連合(SAC)が2012年に公開した、環境・社会負荷の測定ツールです。商品生産から消費者に届くまでのライフサイクルにおける、環境負荷値や社会的影響値を可視化することができます。

「ファッション業界気候行動憲章」は、国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局が推進するイニシアチブです。パリ協定(*2)の長期目標を達成するための共通指標を持ち、ファッション業界でできることを加盟企業で話し合ったり、取り組みを共有し合ったりして、環境負荷値を下げていくとしています。

そのほか、個社レベルの取り組みとしては、素材を環境負荷の少ないものに切り替えたり、動物性の素材の使用を制限したり、加工法を見直すことが挙げられます。また、輸送時に、使用エネルギー量やCO₂排出量が飛行機より少ない船を選ぶ企業も増えていますね。


——なるほど。アダストリア社内で行われているサステナブルな活動にはどんなことがありますか?

とくに力を入れているのが、サステナブルな素材を使用するということ、そして、リサイクルへの取り組みです。
     
素材の切り替えという点で、最も注力しているのが、サステナブルコットンへの切り替えです。ただし、ファッション業界では、どのようなコットンをサステナブルコットンと呼ぶか、これといったひとつの明確な基準や定義が定まっていません。アダストリアでは、生産時に農薬や化学肥料、水使用量の削減努力をしていることや、土壌の保全や生態系に配慮していること、生産者の労働環境に配慮していること、といった独自の定義を設けて、それらに合致するサステナブルコットンへの切り替えを進めています。

またリサイクル活動では、一部店舗に衣料品回収ボックスを置き、当社以外のブランドの洋服もすべて回収しています。回収した洋服は、キッズローブという子ども服のお下がりシェアサービスを通じて活用してもらったり、日本環境設計株式会社という、服からリサイクルポリエステルの原料を作る再生技術を持つ企業に洋服をお渡しして、リサイクルしています。また、ダウン(羽毛)製品は一般社団法人 Green Down Projectによってきれいに洗浄してもらい、リサイクルダウンの原料にしてもらっています。     



*2 第21回気候変動枠組条約締約国会議が開催されたフランスのパリにて2015年12月12日に採択された、気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定

 

世界には参考になる企業がたくさん

 

——日頃から他企業のサステナブルな取り組みに関心を持っている 藤本さんですが、今、とくに関心を持っている企業・ブランドのサステナブルな取り組みを教えてください。     

海外のブランドは、やはりサステナブルな視点が進んでいると感じています。中でもこの3つのブランドは学ぶことも多いです。

まずご紹介するのは、日本を代表するスポーツブランド、株式会社アシックスです。アシックスやオニツカタイガーなどのスニーカーを愛用する方も多いのではないでしょうか。リサイクルの基本は、分解して素材ごとに分類することですが、ゴムやポリエステル、レーヨン、金属など、異素材を組み合わせて作られる靴は、リサイクルしにくいというのが、業界の共通認識でした。アシックスでは、環境負荷を削減するために、不要になった靴や衣類を回収して、それをリサイクルする取り組みにチャレンジしています。

不要になった衣類や工場内で出た繊維ごみから作られたリサイクル糸(再生ポリエステル材)を採用したシューズ「Earth Day Pack(アースデーパック)」

不要になった衣類や工場内で出た繊維ごみから作られたリサイクル糸(再生ポリエステル材)を採用したシューズ「Earth Day Pack(アースデーパック)」


次に、サステナブルファッションの先駆けといわれるエバーレーン。2011年に誕生したサンフランシスコ発のSPA(*3)オンラインブランドです。素材の生成過程や、社会とのつながりを、生産体制をわかりやすく可視化して、店舗やウェブ上で展開。不透明になりがちなアパレル分野の就労環境や生産背景などを徹底的に透明化し、おしゃれに発信しようという姿勢が、消費者からの好感を集めています。

エバーレーンのホームページでも製品理念とエシカルな取り組みが紹介されている

エバーレーンのホームページでも製品理念とエシカルな取り組みが紹介されている

 

メイカーズ・ユナイトは、ヨーロッパで難民問題が深刻化するのにともない、難民の方が海を渡るときに着るライフベスト(救命胴衣)の廃棄問題も、ニュースなどで取り上げられるようになりました。2016年にオランダで誕生したメイカーズ・ユナイトという企業では、その問題を解決するために、ライフベストをアップサイクルして、バッグやPCケースを製造・販売。さらに、難民の方を工員として雇うことで、次の企業に就職しやすくする支援も行っています。

メイカーズ・ユナイト公式ホームページ

メイカーズ・ユナイト公式Instagram

メイカーズ・ユナイトのホームページでは、ライフベストのプロダクトのほかにも、サステナブルな取組みを紹介している。

メイカーズ・ユナイトのホームページでは、ライフベストのプロダクトのほかにも、サステナブルな取組みを紹介している

 

*3 speciality store retailer of private label apparelの略。アパレル分野の中でも、小売業が製造の分野まで踏み込み、自社のオリジナル商品の開発から販売を一貫して行う方法

 

ものと向き合うことから始めよう

 

——ここまで、ファッション業界のあり方や、企業の取り組みについてお話しいただきました。ちなみに藤本さんが、サステナブルという言葉やその活動に興味を持ったきっかけはなんでしょう?
     
小学校のときに、ケビン・カーターという報道写真家の「ハゲワシと少女」という作品を授業で見て、世界には内戦や飢餓で苦しんでいる人たちがいると知り、衝撃を受けました。このような状況を変えられる大人になりたいと思ったことが、サステナビリティ に興味を持つ原点だったのではないかと思っています。その後、高校生のときに、「1ℓ for 10ℓ(*4)」や「(PRODUCT)RED (*5)」などのキャンペーンに触れました。そのようなキャンペーンを通して、社会問題を企業の力で解決できると知ったことも、この仕事に就いた大きなきっかけですね。


*4 水を1リットル買うと、発展途上国に清潔で安全な水を10リットル供給できる仕組みを整える     プログラム
*5 参加企業の赤いアイテムを買うと、その売上が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付されるキャンペーン


——私たち個々人ができるサステナブルな取り組みとしては、どのようなものがあるでしょうか?

まずは、物を購入するときに「これって本当に必要かな」と、立ち止まって考えることが大切だと思います。それから、洋服を可燃ごみとして捨てないこと。日本では、6割以上の洋服が可燃ごみとして捨てられていると、環境省の統計(*6)でわかっています。ごみを燃やすことによってCO₂が排出されますし、燃えかすや燃え切らなかった素材は埋め立て処分され、環境に負荷をかけてしまいます。当社でも衣料品回収を行っていますが、洋服を手放すときは、リユースやリサイクルを活用していただきたいですね。


——一人ひとりの意識が高まることで、ファッション業界にどのような発展や進化がもたらされるでしょうか?

10年前のファッション業界では、サステナビリティを重要視する声は多くなかったと思います。ところがいまは、業界全体でCO₂排出量をきちんと管理・削減していこうという流れになっています。アダストリアをはじめとする企業や、お客様一人ひとりの意識が高まることで、より環境や社会にやさしい業界になっていくことを期待したいですね。

*6 環境省のサステナブルファッション解説ページ

ギャザープルオーバーシャツ:ブラウスには、エコ先進企業であるオーストリア・レンチング社の再生繊維リヨセルを使用。 オックスジレ: アースカラーのジレには、再生ポリエステルを55%使用した、石川県能登産のストレッチ素材を使用している。

ギャザープルオーバーシャツ:ブラウスには、エコ先進企業であるオーストリア・レンチング社の再生繊維リヨセルを使用。 オックスジレ: アースカラーのジレには、再生ポリエステルを55%使用した、石川県能登産のストレッチ素材を使用している。

 

profile:


藤本朱美

株式会社アダストリア 経営企画室CSR/サステナビリティ担当。グループ全体のCSRやサステナビリティに関する企画立案・運営のほか、社内外への発信を担っている。素材使用の是非や、素材の訴求方法、コラボレーション先の選定など、各ブランドから相談を受けることも多い。
 

INFORMATION

袖にたっぷりギャザーが入ったプルオーバーブラウス ¥8,900

リサイクルポリエステルのオックス素材を使用したジレ ¥12,900

Text :佐藤由衣 Photo :有本真大 

Illustration :小鈴キリカ

関連記事

MY SUSTAINABLE LIFE

#11

スタイリスト大日方久美子"気負わず"

PEOPLE

2021.07.30 FRI

MY SUSTAINABLE LIFE

#10

ディレクター・尾崎ななみ"故郷の海"

PEOPLE

2021.07.23 FRI.

A GUIDE TO CIRCULAR ECONOMY

#02

エシカルファッションとは?

FASHION

2021.07.16 FRI

MY SUSTAINABLE LIFE

#09

料理人・寺井幸也"ごく自然なこと"

PEOPLE

2021.07.09 FRI

INSIDE O0u

#03

3DCGが変えるファッションの未来

FASHION

2021.07.02 FRI

MATERIAL A to Z

#03

コットンの歴史を学び見えるもの

MATERIALS

2021.06.29 TUE

MY SUSTAINABLE LIFE

#08

写真家・阿部裕介 “偏見と常識”

PEOPLE

2021.06.25 FRI

MY SUSTAINABLE LIFE

#07

アートコンサル・高根枝里"グレー"

PEOPLE

2021.06.22 TUE

ECO-FRIENDLY PIONEERS

#06

自然と共につくる

INSPIRATIONS

2021.06.18 FRI

INSIDE O0u

#02

サステナビリティをみんなのものに

FASHION

2021.06.15.TUE

ECO-FRIENDLY PIONEERS

#05

「かっこいい」から始まる支援

INSPIRATIONS

2021.06.07 TUE

MY SUSTAINABLE LIFE

#06

写真家・Ippei&Janine “越境”

PEOPLE

2021.06.04 FRI

MATERIAL A to Z

#02

最古で最強の繊維リネンを学ぶ

MATERIAL A to Z

2021.06.01 TUE

INSIDE O0u

#01

常識を進化させ 境界線のない服を

FASHION

2021.05.28 FRI

ECO-FRIENDLY PIONEERS

#04

花を捨てない世界へ

INSPIRATIONS

2021.05.25 TUE

MY SUSTAINABLE LIFE

#05

モデル・るうこ “マイルール”

PEOPLE

2021.05.21 FRI

ECO-FRIENDLY PIONEERS

#03

海岸ゴミ、輝くアクセサリーへ

INSPIRATIONS

2021.05.18 TUE.

ECO-FRIENDLY PIONEERS

#01

やさしい革をつくる

INSPIRATIONS

2021.04.26 MON.

MY SUSTAINABLE LIFE

#04

芸術家・立石従寛 "脱ヒト中心"

PEOPLE

2021.05.14.FRI

OLD THINGS, NEW THINGS

#02

裂き、ほぐし、織る

GOODS

2021.05.11.TUE

MATERIAL A to Z

#01

再生ポリエステルって何ですか?

MATERIALS

2021.05.06.FRI

ECO-FRIENDLY PIONEERS

#02

“10年で消えるブランド”をつくる

PEOPLE

2021.05.4 TUE.

MY SUSTAINABLE LIFE

#03

アーティスト・Hana4 “0.1mm”

PEOPLE

2021.04.30 FRI.

MY SUSTAINABLE LIFE

#02

俳優・渡部豪太 “ゴミに想う未来”

PEOPLE

2021.04.26 MON.

OLD THINGS, NEW THINGS

#01

愛おしいヒビとカケ

GOODS

2021.04.26 MON.

MY SUSTAINABLE LIFE

#01

モデル・NOMA “地球の一部”

PEOPLE

2021.04.26 MON.

関連商品

0: /blogs/journal/a-guide-to-circular-economy-01
1: blogs
2: journal
3: a-guide-to-circular-economy-01
4:
5:
6:
7: templete is article section is tag is A GUIDE TO CIRCULAR ECONOMYANTIQUEARTBEAUTYCOMMUNITYCOSMETICCRAFTCREATIVEDESIGNDIGITALECO-FRIENDLY PIONEERSEDUCATIONENTERTAINMENTFABRICFASHIONFOODGOODSHANDMADEINSIDE O0uLOCALMATERIALMATERIAL A to ZMY SUSTAINABLE LIFENATUREOLD THINGS NEW THINGSORGANICOUTDOORPLANTSRECYCLESHOPPINGTECHNOLOGYTRAVELTRENDUPCYCLEURBAN LIFE